ビジネスコミックを書くときに、
何が大変かと言って、
私の場合はセリフの量の調整に、
いつも苦労する。

何しろ言葉を読むのも、
書くのも好きなので、
つい長く書いてしまうからだ。

tobira


言葉を尽くす、
という慣用句があるように、
何かを表現するときに、
こちらが考えている内容を、
できる限りこちらが考えているように、
相手に伝えようとすると、
どうしても使う言葉が多くなる。

テレパシーがないわけだから、
お互いの共通言語を使って、
相手が理解できるように、
言葉を駆使して説明しなければならないからだ。

でも、それがビジネスコミックの場合は、
逆の作業になる。

できるだけ短い言葉で、
それでいて読み手にきちんと伝わるように、
シナリオを書く必要があるから難しい。

これが本当に難しい。

漫画ということで、
紙面を大きく占めるのはもちろん絵だ。

吹き出しも含め、
言葉が入るスペースは本当に少ない。

そこにある程度の情報量を、
埋め込んでいかなければいけないわけだ。

だから、書くときは毎回、
元にある本を何度も読み込み、
そこに書かれてある、

最も大事な核心はどこにあるか?

を常に考えている。

どの枝を落としてもいいのか?

どの枝はしっかりと残すべきなのか?

これを見極めなければならない。

それはまさに、
美しい盆栽を作るような心持ちだ。

内容的には説明したいが、
ただ説明するだけでは面白くないし、

じゃあそれをどういう例えで話したらいいか?
どういうシチュエーションで会話させればいいか?

シーンに勢いが出しつつ説明するにはどうする?
どういう表情にすれば感情として伝わるか?

などなどを駆使しながら、
最終的なシナリオに落としていく。

説明が多くてもつまらないし、
逆に少なすぎてもいけない。

常に心地よいバランスを探す。
美しいバランスになるよう、
余計な枝葉を切り落としていく。

これが、シナリオを書くときに、
最も気にしていることだ。

ただ、それが本当に難しい。
今でも必死のパッチで、勉強している最中だ。

と言いながら、
この作業は常に頭に汗がかけるし、
今も新しい発見があるので、
とても楽しい作業なのである。